佐野榮太郎ファンページ

ー Eitaro Sano (Non Certified) Fan Page ー
Facebook Twitter Hatena Pocket Line

人物紹介

佐野榮太郎 近影佐野さんは、愛知が生んだコンピュータープログラマーで、著名なクリエイターです。
写真はGoogle+にて、自由に利用して良い画像として公開されたものですので、拝借しております。
佐野さんについては、ゲーム作家としてや、通信、コンピューターのエンジニアとしてご存知の方が多いものと思います。
しかし、佐野さんは、著名人でありながら、芸能事務所などに所属されているタレントではなく、政治家でも、スポーツ選手でも、ブロガーでもなければ動画投稿者でもありませんし、ライブ情報やディスコグラフィーが公開されているわけでもありません。
ご本人も、公の舞台でのご活動は積極的になさっていないようで、隠れるかのように、様々なニックネームやハンドルネームを使い分けられています。
たとえファンでも、佐野さんの、全ての顔について、深く理解されている方は少ないのではないでしょうか。
佐野さんは若かりし頃に火災に遭われ、私物の一切を焼失されている上、記憶喪失もご経験なさっているらしく、後遺症も残っていらっしゃるとのことなので、あるいはご本人でさえも。
なので、弱音を吐いてしまうと、ファンとしても、追いかけるのが非常に大変な人物なのです。
その一方、実に多才な方なので、権威ある方々から得た情報や、信頼できる資料を元に、おしみなくご紹介、解説させて頂きたいと思います。
ファンの方々から、敬意を払って「先生」と呼ばれることも多い佐野さんですが、本ファンページでは親しみを込めて「さん」付けで記述します。

榮(えい)の字

調査によると、佐野榮太郎さんのお名前に含まれる「榮」の字は、「栄」の旧字体で、平成16年9月27日、戸籍法施行規則の改正により、名付けに認められた漢字です。
大昔には、名を構成する文字の1つとしても使われていた漢字ですが、少なくとも、佐野さんが生まれた昭和50年1月3日の時点では人名に用いることができませんでした。
実際、アルファノートの著作者表記には新字体の「栄」が用いられています。
これについて少し興味を持ちましたので、踏み込んで考察してみます。

文献によると、佐野栄太郎では、あらゆる姓名鑑定方法において、名字と名の組み合わせが(画数的に)よろしくなさそうです。
姓名鑑定の手法などは、古くから変わっていません。
誰が鑑定しても、風水など、陰陽五行説を根拠とする限り、同じような結果になります。
別の鑑定人が、異なる方法で鑑定したからといって、特別大きく変わるものでもありません。

それでは、最も一般的な手法で、字画を検証してみましょう。
まずは「栄」の字の場合です。

佐野榮太郎 姓名鑑定(佐野栄太郎)

天格を構成する名字の「佐野」は吉で、なかなか良い字画ですが、それ以外が全て最悪。
この手の事情に明るい姓名鑑定士に伺いを立てたところ、性と名の繋がりの部分で人格が凶になってしまう例は多いが、それが大凶で、地格も凶、総画でも凶になるような画数の名前を、あえて付けられる方は非常に珍しいそうです。
脚色せずに姓名鑑定士の言葉を引用させて頂きますと「目を覆いたくなるほど不吉な名前」とのことでした。

続きまして「栄」が「榮」だった場合の鑑定結果を見てみましょう。

佐野榮太郎 姓名鑑定(佐野榮太郎)

なんということでしょう!
「栄」を旧字体にしただけで、大凶だった人格が吉に好転しています。
過半数が凶だった「栄」の時と比べ、吉が大部分を占め、総画も大吉の素晴らしい名前になりました。

まとめとして、佐野さんの名字が、佐野さんが生まれた時から佐野だったと仮定するなら、お名前を考えられた方が、そこまで深く検討されずに命名なさってしまった可能性があります。
男性の場合、同じ姓と名の組み合わせで生涯を過ごす可能性が高いので、特に男児の名付けを行う際は、姓と名の繋がりを慎重に検討するそうです。
念のために申し上げておきますと、姓名鑑定を行う際には、多くの場合、旧字体を用いるのが慣例となっていますので、「栄」でも即座に問題があるわけではなさそうですが、こうした理由から、佐野さんは、お名前の漢字に、好んで「榮」の字を充てていらっしゃるのではないかと推察されました。
あくまで推察ですので、これが正しいかどうかは分かりません。
現実的に佐野さんのお名前は榮太郎として広く知られており、ご本人のSNSを始め、辞典ほか、文献での表記も全て榮の字となっておりますので、本ファンページでも、この表記に習いたいと思います。

余談になりますが、昭和初期の頃、三菱に、佐野さんと同姓同名の技師が所属されていました。
零式艦上戦闘機を設計された堀越二郎技師と同様に、日本海軍唯一の観測機として語り継がれる零式水上観測機の設計者として名を上げられたのが、工業校出身の佐野栄太郎技師です。
それまで水上観測機設計のノウハウを持たなかった三菱が、零式水上観測機を完成できたのは、佐野栄太郎技師の手腕によるところが大きかったそうです。
このお名前には、技術者の星の下に生まれる宿命みたいなものがあるのでしょうか(笑)。

プロフィール

生年月日1975年1月3日
血液型O型
国籍日本
性別男性
関連作品ポケモンスタジアム
クロノトリガー
アウトラン(アーケード)
グラディウス(移植)
テトリス(移植)
原付萌奈美ほか
好物ラーメン?
肉?
SNSを拝見するにグルメらしい
趣味原付バイク、ゲーム※
系譜佐野善左衛門(政言)の流れを汲む三河武士の末裔※

  • ホンダのNS-1をご趣味になさっていらっしゃるそうです。
  • ポケモンGOなどを楽しんでおられるようです。
  • ご本人のTwitterで系譜について触れられています。

  • ※2018.05.17時点の情報です。

    ©Eitaro Sano (Non Certified) Fan Page.